ヴォルフガング・ミュラー

目に見えぬ人々の物語とエヴァの不揃いなこどもたち

2000

日本語版(2011


原作:ヤーコプ・グリム「エヴァの不揃いなこどもたち」(1843)ドイツの民話

ヨン・アルナソン「ハルダマンナ・サーガ」(1864)アイスランドの民話



Glöggt er gests augað(訪ね人の目はよりはっきり見える)


1990年代以来、ヴォルフガング・ミュラーは、アイスランドに対する特別な関心を持ち続けてきた。彼は、ユーラシア大陸とアメリカ大陸の裂け目に位置するアイスランドの地を歩き、両大陸の文化圏に跨がる緊張関係を調べてきた。ベルリンとレイキャビクを拠点とするミュラーの調査の一部は、その複数のアート・プロジェクトに記録されているが、かつて彼は、これと同様の関心を手話にも向けたことがある。ミュラーは2000年にドレスデンの「(不)完全な人間」という展覧会のために《インビジブルー目に見えない人の物語とエヴァの不揃いなこどもたち》Ósynilegur - Huldamanna saga & Die ungleichen Kinder Evas)というヴィデオ作品を考案し、これを制作した。


この作品は、1つはアイスランドの、もう1つは(1843年にグリム兄弟によって書かれた)ドイツの、2つのおとぎ話から構成されている。両者は物語の冒頭こそ比較可能な要素を含んでいるものの、物語が進行するにつれてまったく異なる様相を呈していく。このアイスランド語の物語「ハルダマンナ・サーガ」はトルハルール・アルナルソンによってアイスランド語の手話(Islensk Taknmál)に翻訳され、一方ドイツ語の「エヴァの不揃いなこどもたち」はベルリンの聾劇団のトーマス・ツァンダーによってドイツ語の手話(DGS)に翻訳された。


おとぎ話は、アイスランドとドイツの文化の間にある共通点や相違点を検討するために用いられている。しかし同時に、ミュラーはそこに誰が包含され、誰がそこから排除されるのかを決定する新たな布置を明らかにするために、両方のおとぎ話の間を往来する。視聴のヒエラルキーは変化するものなのだ。例えば、字幕のようなちょっとした「追加」のサーヴィスは、耳の聴こえる人々、あるいは少なくともドイツ語かアイスランド語の音声を理解することのできる人々に対して提供されている。更に展示室のヘッドフォンの助けを借りれば、アイスランド語の文字テクストと手話の通訳をドイツ語で聴く事もできるし、その逆のこともできる。本インスタレーションにおけるヘッドフォンは、大多数の人々のための、言い換えればナレーションを聞かなければ物語が理解できない、耳の聴こえる「障害者」のである聴衆のための道具なのである。



この度は京都のギャラリースペースARTZONEでの展覧会のために、以下の方々のご協力のもと、日本語版が特別に制作されました。ハンブルグのリンハン・アジア語学学校のギュンター・ヴォルフ校長のご好意にとりわけ感謝いたします。また、本展覧会はゲーテ・インスティトゥート東京により後援されています。



日本語版スタッフ

カメラ: スーザン・シャルル・ドゥ・ボーリュー

手話通訳日本語手話指導: 塚本夏子(ハンブルグ、リンハン・アジア語学学校)

ナレーション・日本語指導: 草野賢一(ハンブルグ、リンハン・アジア語学学校)

撮影地: ハンブルグ、リンハン・アジア語学学校


キュレーターについて

アン・パーンハウゼンはベルリン在住のキュレーター、美術史家で、ベルリンのハンブルガー・バーンホフ現代美術館やベルリン市内のオルタナティヴ・スペースで数々の展覧会を企画している。現在、1920年代のベルリンの写真に関する著書を執筆中。


シャルロッテ・フリリングはベルリンを拠点に活動するフリーランスのキュレーター。ロンドンのイヴォン・ランベール・ギャラリーに勤務し、ハンブルガー・バーンホフ現代美術館でインターンシップを行った後、ハンブルグやベルリンで数々の自主企画に関わる。20119月からはニューヨーク大学美術研究科修士課程に入学予定。


翻訳:三上真理子

Translation: Mariko MIKAMI


Wolfgang Müller

Invisible - Saga of the Invisible People & The Unequal Children of Eve (2000), in a new Japanese version (2011).


Original Fairytale: Jacob Grimm “Die ungleichen Kinder Evas” (1843), Deutschland

Jón Árnason ”Huldamanna Saga” (1864), Island



Glöggt er gests augað (The eye of the visitor sees more clearly)


From the 1990s onwards Wolfgang Müller has cherished a particular interest in Iceland, walking along the country's cleft, a division between the Eurasian and the American continent, and researching the tensions between these two cultural zones. Based in Berlin and Reykjavík Müller's research on Iceland and its culture has been documented in several art projects, as did his focus on the study of sign language. In 2000 the artist conceived and produced the video “Ósynilegur - Huldamanna saga & Die ungleichen Kinder Evas” (Invisible - Saga of the Invisible People & The Unequal Children of Eve) for the exhibition “Der (im)perfekte Mensch” in Dresden.


The work is based on two fairytales, one from Iceland and one from Germany (a 1843 Brothers Grimm story). The two fairytales start off comparably, but the story line develops quite differently. The Icelandic version - Huldamanna Saga - was translated into Icelandic sign language (Islensk Taknmál) by Thorhallur Arnarsson, while the German version - The Unequal Children of Eve - was translated into German sign language (DGS) by Thomas Zander from the Deaf Theater in Berlin.

The fairytale is used to examine similarities and discrepancies between Icelandic and German culture. Müller also plays with these interconnections to uncover new constellations of who is the included, and who is not. Hierarchies shift. For instance, small “extra” services such as subtitles are offered to hearing people, or at least to those who understand German or Icelandic phonetics. What’s more, they can, with the help of headphones, listen to the German translation of the Icelandic text and sign language interpretation, and the other way round. The headphone in this installation becomes an instrument for the majority or “disabled” hearing audience that cannot understand the stories without listening to the narration. For this exhibition at ARTZONE the work has been translated into Japanese sign language.


Supported by the Goethe-Institut, Tokyo




Camera: 

Susan Chales de Beaulieu


Shooting location:

LINGHAN AsienSprachschule Hamburg, with thanks to the director Günter Wolf

 

Sign language interpreter:

Natsuko TSUKAMOTO

Instructor of Japanese sign language

(LINGHAN AsienSprachschule Hamburg)

 

Narrator: 

Kenichi KUSANO

Instructor for Japanese language

(LINGHAN AsienSprachschule Hamburg)


Berlin artist and author Wolfgang Müller has been showing a particular interest in deaf culture since the 1980s. His experimental West-Berlin band “Die Tödliche Doris” (The Deadly Doris) had indeed been working with deaf artists since its beginnings. In for instance 1980 Müller collaborated on the piece “Der Tod ist ein Skandal” (Death is scandalous) with the famous deaf actor and activist Gunther Puttrich-Reignard (Gunter Trube) (1960-2008). In November 1998, Müller decided to re-release the band's sought-after and long unavailable first vinyl LP. However, not as sound, but as interactive gestures: sign language interpreters Dina Tabbert and Andrea Schulz translated and reshaped the lyrics and music of the 1981 released LP “ “ using nothing but signs and gestures. The result of this transmutation of music into another medium is “Deaf Music”, expressed entirely within and through body, gestures, movements, interaction and facial expression.

   


Wolfgang Müller, Huldamanna Saga und die ungleiche Kinder Evas (2000 - 2011)

Make a Free Website with Yola.