Wolfgang Müller, “Huldamanna Saga”, 2000, in a new Japanese version 

ヴォルフガング・ミュラー《ハルダマンナ・サーガ(Huldamanna Saga)》2000年、日本語バージョン

MAI 21 - JUNE 5, 2011

ARTZONE GALLERY, KYOTO

co-curated with Charlotte Friling

Glöggt er gests augað(訪ね人の目はよりはっきり見える)


ディー・テートリッヒェ・ドーリスの創設メンバーであるミュラーは、1990年代にユーラシア大陸とアメリカ大陸のちょうど中間地にあたるアイスランドの大地の裂け目に沿って歩き、二つの文化圏の間の緊張関係をめぐる調査を行っていました。ベルリンとレイキャビクを拠点に活動するミュラーの関心は、1988年以来の幾つかのアート・プロジェクトからも伺えるようにアイスランドとその文化にありますが、同時に彼は聴覚障害のある人々に対しても高い関心を示しています。2000年には《インビジブル――目に見えない人々とイヴの不揃いな子供達の伝説(Ósynilegur - Huldamanna saga & Die ungleichen Kinder Evas)》というヴィデオ作品を制作しました。この作品は、アイスランド語とドイツ語の手話を用いた1843年のグリム兄弟のおとぎ話によって構成されました。おとぎ話は類似と相違を検討するために用いられており、二つのバージョンを比較することも可能ですが、両者はまったく異なるものになっています。ミュラーは、そこに「包含される」者とそこから「排除される」者の新たな配置を明らかにするために、二つの言語の結びつきや矛盾を用いています。本インスタレーションのヘッドフォンが、耳が聞こえる「障害者」としての来場者のための道具であるように、視聴覚のヒエラルキーは変更可能なのです。                                                                                         


Glöggt er gests augað (The eye of the visitor sees more clearly)


In the 1990s Wolfgang Müller, founder of Die Tödliche Doris, walks along the cleft of Iceland, a country divided in two by the Eurasian and the American continent, researching the tensions between two cultural zones. Based in Berlin and Reykjavík  Müller's interest in Iceland and its culture has been documented in several art projects since 1988, as did his focus on the hearing impaired. In 2000 the artist conceived and produced the video “Ósynilegur - Huldamanna saga & Die ungleichen Kinder Evas”(Invisible - Saga of the Invisible People & The unequal children of Eve). The work consists of a 1843 Brothers Grimm fairy tale interpreted in Icelandic and German sign languages. The two versions come out as comparable yet quite different. The fairytale is used to examine similarities and differences. Müller plays with these connections and contradictions to uncover new constellations of who is the “included”, and who is not. Hierarchies shift. The headphone is in this installation an instrument for the “disabled” hearing audience. 


Wolfgang Müller, “Huldamanna Saga”, 2000, in a new Japanese version 

ヴォルフガング・ミュラー《ハルダマンナ・サーガ(Huldamanna Saga)》2000年、日本語バージョン

MAI 21 - JUNE 9, 2011

ARTZONE GALLERY, KYOTO


Glöggt er gests augað(訪ね人の目はよりはっきり見える)


ディー・テートリッヒェ・ドーリスの創設メンバーであるミュラーは、1990年代にユーラシア大陸とアメリカ大陸のちょうど中間地にあたるアイスランドの大地の裂け目に沿って歩き、二つの文化圏の間の緊張関係をめぐる調査を行っていました。ベルリンとレイキャビクを拠点に活動するミュラーの関心は、1988年以来の幾つかのアート・プロジェクトからも伺えるようにアイスランドとその文化にありますが、同時に彼は聴覚障害のある人々に対しても高い関心を示しています。2000年には《インビジブル――目に見えない人々とイヴの不揃いな子供達の伝説(Ósynilegur - Huldamanna saga & Die ungleichen Kinder Evas)》というヴィデオ作品を制作しました。この作品は、アイスランド語とドイツ語の手話を用いた1843年のグリム兄弟のおとぎ話によって構成されました。おとぎ話は類似と相違を検討するために用いられており、二つのバージョンを比較することも可能ですが、両者はまったく異なるものになっています。ミュラーは、そこに「包含される」者とそこから「排除される」者の新たな配置を明らかにするために、二つの言語の結びつきや矛盾を用いています。本インスタレーションのヘッドフォンが、耳が聞こえる「障害者」としての来場者のための道具であるように、視聴覚のヒエラルキーは変更可能なのです。                                                                                         


Glöggt er gests augað (The eye of the visitor sees more clearly)


In the 1990s Wolfgang Müller, founder of Die Tödliche Doris, walks along the cleft of Iceland, a country divided in two by the Eurasian and the American continent, researching the tensions between two cultural zones. Based in Berlin and Reykjavík  Müller's interest in Iceland and its culture has been documented in several art projects since 1988, as did his focus on the hearing impaired. In 2000 the artist conceived and produced the video “Ósynilegur - Huldamanna saga & Die ungleichen Kinder Evas”(Invisible - Saga of the Invisible People & The unequal children of Eve). The work consists of a 1843 Brothers Grimm fairy tale interpreted in Icelandic and German sign languages. The two versions come out as comparable yet quite different. The fairytale is used to examine similarities and differences. Müller plays with these connections and contradictions to uncover new constellations of who is the “included”, and who is not. Hierarchies shift. The headphone is in this installation an instrument for the “disabled” hearing audience. 


Make a Free Website with Yola.